香ばしくて味しっかり。トップバリュの「黒糖かりんとう」は有名店と遜色なし!?

イオンやまいばすけっとで展開しているプライベートブランドのトップバリュ。

「ちょっと甘いものを…」という欲求にかられて手にとったのが黒糖かりんとうです。

容量はそこまで多くないものの、パッケージの文言を読み解くとこだわりがありそうな商品。普通のかりんとうとはどう違うのでしょう?

スポンサーリンク

手間のかかる製法でかりんとうを製造?

黒糖かりんとう

パッケージに記載されているのは、「風味の良い米油揚げ 黒糖かりんとう」。

そして気になるのが、こちら。「ごまと小麦胚芽をねりこんだ生地に、温度の違う米油で三度揚げ、サクッと香ばしい味わいに仕上げました」

生地にもこだわりがあり、温度の違う油で3度も揚げる

「かりんとうってどう作っているか分からない」という人が多いと思いますが、「これは結構手間を掛けているのね」と伝わる文言ですね。

ちなみに、かりんとうは1度揚げ・2度揚げ・3度揚げの3種類があり、手間のかかる3度揚げは高級品とも言えます。第一が182度、第二が178度、第三が180度と微妙に温度を変えるなどして独特の食感を出すのが特徴の製法。

カロリー

容量は140g、エネルギーは462キロカロリー(100g当たり)。

ひとふくろで700キロカロリーぐらいはありそうですね。

甘さよりも香ばしさが際立つ。本格的なかりんとう。

香ばしいかりんとう

袋をパカっとあけると5・6cmほどのかりんとうが出てきます。

ひとくち食べてみると、これは香ばしい!生地のごまと小麦胚芽があるためか、深い味わいになっています。

またサクッサクッと心地よい歯ごたえ。部屋に響き渡るほど、美味しそうな音が出ます(笑。

甘さも控えめで、むしろ若干の苦味がさらに大人の味覚を魅了させていきます

お子さん向けというよりかは、味の濃いお茶を美味しく頂くための最良の茶菓子、つまり大人向けの味わいですね。

99円(税込)でここまでのクオリティは、なかなか出せないのではないでしょうか。

あとがき

プライベートブランドでここまでレベルが高いかりんとうは初めてです。パッケージから取り出して、有名店のかりんとうと食べ比べても遜色はない!?かもですね。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告