読書管理ツールの「読書メーカー」を使って読書が楽しくなった。

「なんの本を読んだっけ?」と、過去に読んだ本がわからなくなる。

そんなときに、Amazonのほしい物リストやエバーノートやグーグルキープなどを使用するのもいいけど、やっぱり読書管理ツールが便利

そこで、読書メーカーを使ってみた利点と欠点を記載!

スポンサーリンク

読書メーカーの利点

マイナーな本でも登録されている

C20150121_1

人知れず…な本でも登録されています。かつ、ユーザー数が多いため、他ユーザーの読書登録がされています。

自分だけしか読んでない寂しさよりかは、少人数でも「いっしょに読んだ」実感があったほうが嬉しいもの。

一言の感想もかけるので、想いを共有できます。

状態に合わせて本の管理ができる

C20150121_2

読んだ、読んでいる、もう一度読みたいなど、絶妙な4つの選択肢があること。

当然、これに分類された本たちは、マイページで一覧化されます。

「ナイス」の交流が活発

C20150121_4

読んだコメントに対して、反応が結構あること

だからこそ、「本の登録をしよう」と継続性が保たれます。

本だけに特化している

他の読書管理ツールはCDやDVDなども登録されますが、ユーザー層がばらばらになります。

読者メーカーは、本好きの集まりだから交流も生まれやすいですね。

読者メーカーの欠点

本棚に行きづらい

C20150121_5

メインメニューに本棚がなく、「その他」→「本棚」に行かないといけない。

読書管理というツールならば、本棚こそが管理するメインツール。少しかゆいところに手が届いていないが、大きな支障は出ないので我慢!

サイトデザインがやや古い

色合いとか、多量の広告枠の出し方とか、ナビゲーションとか。メリハリがないところが、少し見づらくなってます。

鷹ビューまとめ

本を1月に5冊以上読む人なら、他の読み手とも楽しく過ごせるツール。

逆に、そこまで読まないなら、グーグルキープなどのツールで十分かも!?

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告