WPXクラウドでメールを使用したい!別サーバーでメールを使用する方法(バリュードメイン)。

エックスサーバーの別サービスとして提供されている「WPXクラウド」。

低料金で高機能の最良サーバーなのですが、唯一の欠点がメールアカウントが使えないこと。普通なら、独自ドメインで設定したメールアドレスを使いたいところなのですが…。

そこで、バリュードメインのダイナミックDNSを利用して、メールは別サーバー(レンタルサーバー)につなげたので、その方法をシェアします。

スポンサーリンク

準備は3項目

WPXクラウドでメールアドレスを利用するには、ドメイン会社がダイナミックDNSが利用できないといけません。

今回はバリュードメインをベースに、それぞれ準備するものを紹介します。

(1)WPXの契約+サーバーIPの確認

まずはWPXクラウドの契約を進めるのが第一です。

14日間は無料利用ができるので、試しで契約するのもいいかもしれません。

そして、格納されたサーバーのIPを調べます

WPXクラウドの管理画面から「サーバー情報」→「サーバー基本情報」を開くと、IP情報が見えてきます。

wpx01

IPは数字の羅列ですが、これを後ほど使用します。

(2)メールサーバーの契約+サーバーIPの確認

メールを受信するためのサーバーを契約します。

年間1000円のみでメールサーバーを借りられる「さくらメールサーバー」がお手頃ではないでしょうか。

もちろん、メールアドレスを作れる他レンタルサーバーを借りていたら、そこを流用するのも問題ありません。

肝心なのは、メールサーバーとして利用するサーバーのIPを確認することです。方法は上記と同じように、どこかしらにサーバーIPが表記されているはずです。

wpx02

例えば、ファイヤーバードでしたら「サーバー情報」の中に記載があります。

(3)バリュードメインにてドメイン管理

バリュードメインのダイナミックDNSを利用するために、利用したいドメインをバリュードメイン管理にする必要があります。

もちろん、ムームードメインなどダイナミックDNSが利用できるところでも問題ありません。

今回は、バリュードメインで説明を進めていきます。

バリュードメインで、メールを利用する設定方法

wpx03

バリュードメインの管理画面(コントロールパネル)から、ドメイン一覧が見られると思いますが、今回利用するのは◯のついた3箇所です。

1.DNSの変更

まずはDNSを変更していきます。

前述で用意していた、WPX(WEBサーバー)のIPアドレスとメールサーバーのIPアドレスを下記のようにしたなら、

WEBサーバーのIPアドレス: AAA.AAA.AAA.AAA
メールサーバーのIPアドレス: ZZZ.ZZZ.ZZZ.ZZZ

設定フィールドに入れるのは、

wpx04

a @ AAA.AAA.AAA.AAA
a www AAA.AAA.AAA.AAA
a mail ZZZ.ZZZ.ZZZ.ZZZ
mx mail 10

になります。

2.ネームサーバーの切り替え

wpx05

次はネームサーバーの切り替えです。

ダイナミックDNSを利用するために、ネームサーバーを変更します。方法は簡単。矢印のある「当サービス内のネームサーバーを利用する」をクリックすれば自動的にネームサーバーが入力されます。

保存すればOK。

数時間後に、メールが使えているはず!?

これで設定が終了です。

ネームサーバーが浸透するまで、若干WEBサイトが見られなくなる可能性もありますが、スムーズにすれば影響はないはずです。(実際に試したら、WEBの表示はそのままでロスはありませんでした)

あとは、メールサーバー側でアカウントを作れば送受信ができると思います。

あとがき

WPXクラウドの欠点を補うために、別にメールサーバーを用意する方法でした。作業としては15分くらいで出来ちゃいます

これで、さらに快適にWPXクラウドを利用できますね。悩んでいる方がいらっしゃったら、なによりです。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!