ブログ運営中に襲ってくる「飽き」に、対処する1つの秘訣は目標ブログをつくること。

こんにちは、飽きやすい性格のタカノメです。

「ブログをつくりたい」「ちょっとは稼ぎたい」など、これからブログを作りたいと思っている人がいるかもしれません。

実際にブログを運営していくと、モチベーションという壁や方向性のブレが出てきて、最悪放置になってしまう可能性もあります。

ここでは、モチベーションや方向性などを保つための、1つの秘訣を情報シェアします。参考の一つとして、数多の片隅に入れて頂くと嬉しいですね。

スポンサーリンク

ブログ運営の壁は「飽きる」こと

最初は高いモチベーションを持って、ブログを始めていっても必ず起きてくるのは「飽き」です。これが非常に厄介な代物。

まずは、開設当初のアクセス数の少なさにビックリすると思います。

5・6人なんて当たり前、それが2ヶ月間続きます。どんなに更新をしても、どんなに良い情報だったとしても、一向に上位表示されません。

この足音もしない無音の状態を過ごすと、モチベーションが低下。訪れるのは「飽き」です。

大抵の人は、ここでブログ運営から離脱して行くのですね。

もうひとつ。方向性のブレです。なんとかブログ運営が軌道に乗ってくるときには、他ブログをいろいろと見ていて知恵が付いてきます。

「こんな情報発信をしたい」「こんなテーマにしたい」そう思い始めてくると、訪れるのが「現状ブログへの飽き」です。

いろいろと手を出して、いつの間にかカオス状態に…なんてこともあり得ます。

ブログ運営は、長期戦です。

その間に、飽きが来てしまうと上手に続きません。(自分自身もそうなのですが笑)

どうすれば、飽きを乗り越えられるのか…

飽きを乗り越えるには、目標となるブログを見つける

一番手っ取り早いのは、どこを目指していくかの目標となるブログを見つけることです。

ブログをはじめる前に、出来る限りたくさんのブログを見ていきます。見る内容は…

  • ブログの記事内容
  • 語りトーン
  • カテゴリの分け方
  • いつに開設したのか

だいたいこのくらいを見定めておくと、自分自身にしっくりとするブログが見つかってきます。

間違っても、有名なブログを目標にしてはダメですよ。到底追いつけないばかりか、ノウハウも全く違うので。

一番やりやすいのは、ブログ開設して1年未満のもの。調度良い規模感が、自分自身の「飽き」を解消してくれます。ちょうど同じくらいの時期にスタートしている先輩ブログを見ていくと、悩んでいることもサクセス数も同じかちょっと少ないくらいなので、同じ目線に立てます。

「このブログを目指していこう」と明確になると、カテゴリの分け方や更新頻度や情報発信の仕方で勉強になります。もちろん、パクるということではなく、手法を勉強できて、自分なりにアレンジができるということですね。

脇目もふらず、ブログ運営を歩んでいける。目標となるブログと伴走していける

これだけで、ブログ運営が楽になりますし、飽きも来なくなります。肝心なのは、常に意識することですね。週に2・3回は見に行ってもいいくらいです。

飽きを乗り越えた時には、自走していく

ある程度、アクセス数が集まった時には、伴走は不要になります。

自分自身のカラーを出して行って、次の段階に向かっていく。アクセス数をさらに伸ばす工夫をしてみる。そんなチャレンジができると思います。

チャレンジに失敗したとしても、そもそもの基盤が出来ているのでアクセス数は減りません。そんな安心感の中で、自分の居場所をつくっていくとマンネリ化にもなりませんね。

自分なりの目標、例えばページビュー数が◯万といったのを立てていくのは、まさにこの時期になりますね。

あとがき

最初は決して背伸びせずに、伴走者を探す。ひとりで走れるようになったら、目標を作る。

それが「飽き」を乗り越える秘訣だと思います。今現状、飽きが来ている人がいたら、ぜひ試してみてください。

それでは、また!

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告