社名の判断が無料で出来る、語感レポートが的確すぎてハマった。

このサービスに3時間も弄くり倒してしまったタカノメです。

会社名や屋号をつけるときに、「このネーミングにしたいんだけど、後押しする判断が欲しいなぁ」と一度は思いますよね。

画数診断はよく見かけるのですが、もっと別の視点で確認できて、さらに参考になったのが語感分析です。

社名の語呂は、覚えられるか、親しみがあるかなど、相手に与える印象はまったく異なってきます

無料で語感レポートとして数値化されるのでお試ししてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

語感とは?最初はハテナでした。

「語感ってなんだろう?ちょっと怪しいのかな?」と思ったのがファーストインスピレーション。

でも、試してみると納得です。

一言で言うと、その言葉の印象を数値化して分かりやすくしてくれるツールでした。

「カルピス」で試すと言葉の印象は?

社名判断を語感で

乳酸飲料で有名なカルピス。

この言葉の語感から連想されるものとして、たとえば上の画像のが出てきます。「明るい」「心地良い」「活発な」という語感。

まさに商品名のイメージとピッタリですね。

語感

さらにグラフ化をしてくれて、全体的に持つイメージも表してくれます。

量感・質感など、様々な角度から分析してくれます。

頭のなかで「なんとなく、こんな響だなぁ」というのは分かるのですが、それを具体的に表してくれるのでスッキリしますね。

面白いのがユーザー分析

面白いのが訴求するユーザー層も出てきます。

カルピスという言葉なら、キッズ向けというのも数値として出してくれます。逆にミドル・シニア向けの言葉ではありません。

この他にも、発音のしやすさ・スタイル・職種などなど、とにかく分析してくれます。その数、A4で約10枚分

説得力があり、占い的な要素は一切ない

このツールで思ったのは、占い的な社名判断ではないこと。

確かに画数も判断材料のひとつにはなりますが、どことなく「言ったも勝ち」の占いの要素が含まれていますよね。

それとは一線を画するのが語感レポートです。

言葉が持つ印象を数値化してくれるのは、本気で社名を考えているひとにとって、重要な判断材料になります。初めて聞いた社名で、相手がどういう印象を持つのかは、やはり大切ですからね。

まずは提供サイトが出しているサンプルを見ると、さらにイメージが伝わるかもしれません。

「あったかいんだからぁ」や「ブシャー」も出ていて面白いですよ。妙に納得感があるんです。

社名判断で語感ツールを利用する仕方

今現在は無料で提供されていますが、こんなに素晴らしいサービスは有料化になると思います。(無料ではモッタイナイ…)

利用の仕方は、メールアドレスを入力してID・PASSを入手。そうしてログインした後に、

社名を入力

社名を入力してアクセントを指定するだけで、すぐに語感レポートがPDFで出てきます。

納得感のある社名判断がほしい、そんな時に頼りになるツールです。

無料で提供していただいている今に、早めに調べるのをオススメしますよ。試すだけでも全然価値があります。

あとがき

世の中には、こんなサービスも有るんだと知って感動です。

そして、3時間も弄くり倒して、あれこれとネーミングを見てしまいました。もちろん、このブログ名の「タカノメ」も(笑。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告