PDFの統合から圧縮・分割までお任せ。無料でMACも利用できるツールが凄い。

PDFの汎用性にどっぷりと浸っているタカノメです。

誰かにデータを渡すときや、プリントアウトするときに利用するのがPDF。データ量も小さくなって、相手側のPC・スマホ環境も気にならない万能な便利屋です。

しかし、PDFは加工が難しいもの。長年、悩んでいたのですが、PDFを総合して加工できるオンラインツールがあるので紹介します。

これは本当に便利!

スポンサーリンク

PDFの加工なら、オンライン上で完了できる「smallpdf」

かんたんPDF作成

PDF加工はいままでソフトをインストールして、加工するのが普通でした。パソコンになれていない方だとハードルは高めです。

「ソフトをインストールせずに、オンライン上で加工ができたら楽だなぁ」と思っていたら、PDF加工での最強ツールがありました。

このサイトができることは、PDFのことなら多種多彩です。ここですべて完結してしまうと思ってしまうくらい。

smallpdfができること

現時点でオンライン上でできることは下記のとおりです。

  1. PDF圧縮
  2. JPEG PDF変換
  3. PDF JPEG変換
  4. PDF Word変換
  5. Word PDF変換
  6. PDF Excel変換
  7. Excel PDF変換
  8. PDF PPT変換
  9. PPT PDF変換
  10. PDF統合
  11. PDF分割
  12. PDFロック解除

全部で12項目、マクロソフトのオフィス系データをPDFにしたり、その逆で、PDFからワードにしたり、機能満載です。

PDFの回転もあれば便利だなぁとは思いますが、これだけでも他サイトを圧倒していますね。

ちなみに個人的によく利用するのは、PDF統合です。今までは「pdfpdfpdf」というフリーソフトを使っていました。しかし、いちいち起動するのが億劫だったのもあります。

優れているのは、ドロップすれば完了する手軽さ

ドロップ

このsmallpdfの優れている点は、手軽さです。

ファイルをドロップすれば、あとは自動的に処理が始まるという圧倒的に利便性。これは特出しています。

また画面がシンプル。多用な広告がなく、英語もなく、「次にどうすればいいのか」が直感的に分かります。このユーザビリティは感動さえ覚えます。

MACでも利用できるのは、さらに利便性が上がる

MACユーザーにとって、オンラインで処理できるサービスはヨダレが出てしまいますよね。

制約のない、ブラウザで完結するサービスです。

このアプリケーションはブラウザーベースなのでMac, Windows, Linuxなどすべてのプラットフォームで利用可能です。

とバッチリとオフィシャルサイトで明示しているので安心して利用できます。

smallpdfは安全に利用できるのか?

大切なデータがオンライン上に転送されるということは、「流出しない!?」と心配になる方がいらっしゃるかもしれません。

オフィシャルサイトには、以下のように案内されています。

ファイルのアップロードは安全な接続を使用しています。
また、アップロードされた全てのファイルは当サーバーから処理後1時間以内に削除されます。
あなたのファイルは1時間後に当サーバーから削除されるので、ファイルの漏洩、盗難、解析などのリスクはありません。
恐れ入りますが、特定ファイルの削除に関するお問い合わせには対応いたしかねます。すでにファイルもログもすでに削除されており、対応することはできません。

アクセス権はユーザーのみ、かつ1時間以内に完全消去されるとのこと。

オンラインストレージのほうが、アクセス権が複数人にあるのでリスクが高そうな気がします。

漏れているかどうかの真意は追えませんが、少なくとも悪いうわさは出ていないので大丈夫かと思います。ふんわりとした判断ですが(笑

あとがき

画期的なサービスですね。世の中が、どんどんと便利になってきます。

自分自身の作業を効率化できるツールは活用しつつ、しっかりと応援していきたいですね。

それでは、また!

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!