ミニバード・ファイヤバード・クローバーの転送量の調べ方は? 制限を超えないようチェック。

いつかサーバーが逼迫しないか心配になるタカノメです。

コストパフォーマンスに優れていると勝手に思っている「ネットオウル」のレンタルサーバー。3つのサービスランクがあり、ミニバード・ファイヤバード・クローバーと分かれています。

月額250円~1500円までを取り揃えており、とにかく安価にサーバーを借りれます。

しかし、アクセス数が増加していく中で気になるのが転送量です。どこかのタイミングでサーバーエラーが出て、サイトが表示されなくなるのではと心配になりますよね。

そこでネットオウルのレンタルサーバー転送量の調べ方です。

スポンサーリンク

サーバー管理ツールから転送量を調べる

1. アクセス解析をセッティング

アクセス解析

まずはアクセス解析から、セッティングをします。

メニューの中にあるアクセス解析をクリックして中に入ると、それぞれドメインを選べるので選択。

設置

初期の段階では、ネットオウルがサーバー側で設置するアクセス解析は登録されていません。

まずは、アクセス解析追加で、サーバー側で見らえるようにします

ちなみにデータが溜まらないと転送量が見れないので、1・2日後に改める必要があります。

2.アクセス解析の中で転送量の表示

中に転送量の記載

まずは、ヒット解析になっていることを確認します。

転送量の把握をするには、ヒット解析でないと詳細な解析ができないだとか。

そして、メニューの中にある日別をクリックすると…

日別の転送量

このように、右側に1日の転送量が表示されます。この場合だと1日で970MBの転送量になりますね。ここで30日を掛け算すればおおまかな転送量はわかると思います。

もし月間を知りたい場合には、

月間の転送量

メニューにある「ステータスコード」の200番をチェック。ここで目安がわかります。

ちなみに1ヶ月分のデータが溜まっていないと、月間はみることはできないです。また、複数ドメインで運用している場合、すべてのドメインのアクセス解析から合計する必要があります。

ネットオウルのレンタルサーバーの転送量制限

それぞれの転送量の制限をまとめると以下になります。

サービス名 転送量制限
ミニバード 150GB/月
ファイヤバード 300GB/月
クローバー 1000GB/月

※2015年9月現在

こう見ると、クローバーは抜けていますね。料金の割に本当にコストパフォーマンスが良いです。

ちなみに普通のブログやサイトを運営しているのなら、月間10万ページビューくらいまではミニバードで済んじゃいそうです。もちろん写真掲載点数によって、極端に上下はしますが。

まずは様子を見ながら、プラン変更をおこなってみてくださいね。

あとがき

ちょっと気になったので調べてみました。

ネットオウルのコストパフォーマンスの良さは逸品です。表示スピードも問題無いですし、転送量や料金にも満足です。Xサーバーの子会社という強みを活かしていそうですね。

それでは、また!

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告