ゴルフの雨対策なら、見落としがちな足元をガッチリとガード。

「ゴルフで雨対策はどうすればいいだろう?」そのような悩みの時に、いろんなホームページの情報が役立つと思います。

でも、見落としがちなコレだけは持って行ったほうがいい!というのを紹介します。

雨の中でゴルフをやっていて、本当に救われたものです。コレがあるのとないのとだと雲泥の差です。

スポンサーリンク

ゴルフ雨で精神的にやられる要因は、圧倒的に靴の中

雨の中でゴルフをする際に、とりあえずカッパを用意しておこうと思いますよね。もしくは、ゴルフ場にある大きな傘をさせば大丈夫…と思う場合も。

しかし、雨の日で「あぁー、嫌になってきた」と思ってくる要因は、靴の中が濡れることです。

カッパや傘をさしていても、雨をカバーできないのが足元。歩いていれば自然と、上から降ってくる水滴で靴が濡れ始めます。さらに今日的なのが、コース上のグリーン(芝生)です。

芝生に水滴がついているので、歩くたびにどんどんと靴だけが濡れていきます。ちょっとラフにでも入ったら、ビチョビチョですね。

そして、徐々に靴紐の隙間から水が入り込んできます。次第に、靴下が濡れ始めて、アッという間に靴下がずぶ濡れに…。

戦争中の話になってしまいますが、兵士が大切にしていたのが乾いた靴下と言われています。靴の中が濡れると、一気に戦闘能力や行動力が落ちて、戦力が落ちるからです。

つまり、そこまで靴の中が濡れることは、人間の精神的なダメージになるのです。

登山用のシューズガードで侵入を阻止

「靴の中が濡れてもうゴルフが嫌だ」と思わないようにするためには、水の侵入を阻止することです。

そこで便利なのが、登山用のシューズガード。具体的に、こういうものです。

golf_sho

なんといってもメリットは、登山という厳しい環境用に作られているので、タフな作りだということ。さらに、撥水加工もされていて、靴紐のなかからの侵入も防いでくれる作りになっています。

これなら芝生のなかをグイグイと進んでも、(靴は濡れることはあっても)靴の中は濡れません。靴下はサラサラのままです。

1500円で快適なゴルフライフを過ごせると考えると、かなりお買い得です。

ちょっと足元が長いな…と思ったら

短いのもありますので、これなら目立たないと思いますよ。

あとがき

靴下が濡れると、本当に雨の中でゴルフをするのが嫌になってきます。

特に、靴紐の隙間から雨水が入りやすいので、こういった雨対策をするとかなり快適ですよ。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!