JCBを1年利用した結果、JCBが利用できなかった国内店は100件中2件。

「JCBって利用できない店があるよね…。どのくらいの割合なんだろう…」そんな疑問を持ちますよね、カードを作る時に。

実際にJCBは、VISAやMASTERよりも店舗側で負担する利用手数料が高く設定されています。店舗側はあまりJCBは導入したくない、というのがあるものの、国内シェアは高いために導入しているのではないでしょうか?

しかし、それでもVISAやMASTERのみ利用可の店舗も実在します。

今回、1年間JCBを利用してみて、「JCBが使えなかった!」という店舗やサービスや利用不可の割合を情報シェアします。

スポンサーリンク

約100店舗利用して、2つがJCB利用不可

国内の店舗やネットサービスで、クレジットカード決済をおこなっていきました。

毎月送られてくるクレジットカードの明細書も30桁はあります。重複している店舗・サービスもあるため、総数で言えば100以上です。ちょっと面倒なので、100としちゃいました。

そのうちで、JCBが使えなかった、つまりVISA・MASTERだけだったのが2つ。これは個人的には印象的でした。「ううっ」と声が出なかったので。

確率で言えば、2%ほど。100件以上と考えたら、1%台になります。

100件利用して、そのうち1件前後と考えたら、「まぁあ、どこでもJCBは利用できるなぁ」と思えるではないでしょうか

ただし、国内だけの話です。海外に出てしまったら、これはJCBは激弱になっちゃいますね。

利用できなかった2つのサービス

JCBが利用できなかったのは2つ。ここは我慢して、代替カードのVISAを利用したり、ナナコ経由でコンビニ支払いにしたりして対応しました。

ココナラ

kokonara-card

500円~で得意を売買できる「ココナラ」というサービスです。

ちょうどサイトロゴを作って欲しくて、支払いようとしたらVISAとMASTERのみでした。しかたなく、コンビニで支払ったのを覚えています。

ちなみに、ロゴを作ってもらった話はこちらから。

格安でロゴ作成! ココナラで500円は安すぎたから注意ポイントを。
フリーランスや個人事業主の方で「屋号のロゴをつくってほしいな」と思いますよね? しかし、ロゴ作成となるとクラウドソーシング(ランサーズ...

スパイク

spike-card

個人間の決済で、クレジットカードでの請求が来たのが「スパイク」というサービスを利用したものでした。

簡単に言うと、初期費用・月額費用・決済手数料が無料の、事業者に嬉しい決済仲介サービスです。

ここで払う側はクレジットカードを利用できるのですが、VISAとMASTERのみ。

決済手数料を無料にしているので、もともとJCBに上納する決済手数料が高いため、組み込めなかったのですね。

一般的にJCBが利用できないのは…

自分自身で利用できなかったのは前述の2つです。

しかし、一般的に耳にするのはネット家電店だったり、飲食店、新興系WEBサービスだったりしますね。

そんなときには、仕方なくサブカードのVISAやMASTERを利用するしか無いです。

逆にVISA・MASTERが利用できない店は、この1年間で見たことがありません。海外利用も含めると、圧倒的に優位な2大ブランドですね。

あとがき

JCBは、ごくたまに利用できない程度だと思います。

これからネットがさらに普及して、クレジットカード利用の敷居は下がってくると思います。JCBには国内発ブランドとして頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告