MW WP Form で空メールのスパム(?)が来たので対処した。

WordPressのメールフォームで「MW WP Form」を利用している人は多いのではないでしょうか?

多機能で使いやすかったり、サンクスページを設けてコンバージョンを図ったり、本当に便利な国産メールフォームです。

しかし、最近?MW WP Form を利用していると、内容がない空メールが届くようになりました。たぶんスパム行為だと思うのですが。

その対処方法をMW WP Formユーザーのために情報シェアします。

スポンサーリンク

空メール(スパム?)の内容とは?

実際にメールフォームから送られてくるようになったは下記です。

※このメールは自動返信メールになります。

お名前 :
メールアドレス :
ホームページアドレス :
お問合せ内容 :


このメールは~

各項目に何もテキストが入っていない状態のメールです。必須項目を入れていても関係なく送られてきました

アクセス解析を覗いても、該当の問い合わせページにアクセスしている形跡はなく、何かのプログラムを用いてスパム行為をおこなっています。

ちなみに、スパム側の宣伝的な情報は一切ないため、誰が得をするのか分からない謎の行為です(笑。

調べてみた結果、WordPressのフォーラムにて制作者の方が解決方法を掲示していました。

MW WP Form の「必須」バリデーションは、値が送信されているときに発火するようになっています。そのため、name属性を書き換えられて送信されると「必須」バリデーションは実行されずメールが送信されてしまいます。

そこで、僕は「必須(チェックボックス)」の項目を1つ追加しました。
このバリデーションは値が送信されたかどうかではなく「存在するかどうか」を判定するバリデーションです。従って、name属性が書き換えられるとその項目の値は存在しないのでエラーになる、というわけです。

※MW WP Formから必須の回答部分が空白のメールが届きますより引用

この情報をもとに、対処したのが次の方法です。

スパムが来ないようにチェックボックスを追加

チェックボックスのフォームタグを追加

mw01

最初にチェックボックスを作成します。フォームタグから「チェックボックス」を選択します。

項目に入力

mw02

nameには適当な文言を入れましょう。ここは表示されないので、なんでもOKです。今回は「チェックボックス」にしておきました。

選択肢には、「確認したらチェックボックスを押してね」というチェックボックスを押させるような文言に。

チェックボックスを必須項目に設定

mw03

バリデーションルールを追加して、先ほどnameで設定したチケッくボックスを入力。

あとは、必須項目(チェックボックス)を入れます。

これで保存すれば完了ですね。

あとがき

空メールで意図が読めないわかりづらいスパムだったので、だいぶ悩んでしまいました。

本当に、相手は何がしたかったのでしょうか? 通信(電気)の無駄遣いですね(笑

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!