恋人が欲しい!でも、できない!?そんな時は”出会う仕組み”を使う。

「彼氏が欲しいな~」「彼女がほしいな~」そんな気持ちになるのは、当然ですよね?

「恋人がほしい」と思っていても、できない理由はあります。その理由さえクリアできれば、あっという間ですよ。

今回は、大学生や社会人の人に向けた情報シェアです。

スポンサーリンク

恋人ができない理由は?

恋人ができない理由

どうして恋人ができないんだろう?と思いますよね。理由は2つあります。今まで友人の話を含めて、確実な2つの理由です。

理由1:出会いの絶対数が少ない

普通に学生や社会人として、どのくらい異性に出会っていますか?よーく考えてみてください。

たぶん月に1人いれば良い方かもしれません。合コンを開けば人数は増えますが、気づいている人が多いと思いますが合コン=飲み会に近い場合がほとんどです。それは出会いとは言えないですよね。

根本的に、出会う絶対数が少ないのです。

例えば、恋人になれる確率を5%とすると…。20人に出会って1人と恋人になれる計算ですね。

ここでいう絶対数というのは、20人に出会う頻度です。1ヶ月に1人だったら、20ヶ月かかって恋人ができます。逆に、1ヶ月に20人出会えれば、1ヶ月で恋人ができます。

つまり、どれだけの人数に出会えるのかが、恋人ができるキーポイントになるわけです

今までのペースでは正直1年以上かかってしまいます。だから「恋人ができない」という状態に陥る、それが理由の1つです。

理由2:受動的ではなく能動的になっていない

「恋人できないなぁ」とつぶやいて待っていても、誰も来てくれませんよね?

つぶやくだけの受け身の状態(受動的)では、どんなに合コンに行ったとしても、ただの飲み会で終わってしまいます。

要するに、気持ちの問題ですね。

「絶対に出会って恋人をつくるぞ!」という気持ちが必要不可欠。この気持がなければ、いつまで経っても恋人はできません。積極的に(能動的に)動けるかが、これもまたキーポイントです。

そこで、積極的に動くキッカケがあると気持ちが切り替わりますよね。

  • クリスマスはひとりで過ごさない!
  • 正月はふたりでお参りに行く!
  • 寒い冬だけど、手を繋いで暖かくして一緒に歩く!

このようなイメージを持つと、動きやすくなってきますね。寂しい思いは、だれもしたくないですから。

恋人を作るために、手軽な仕組みを利用する

恋人作る仕組み

具体的に、どうやって恋人をつくるかです。

ここからは戦略的に行きましょう。時間も無いですからね、のんきなこと入っていられません!

とは言っても、怪しい出会いサイトを利用するのはNGです。ボッタクリに合いますし、登録者数も少ないですし、実績もありません。

恋人をつくる条件として、効率的で、かつ合理的に考えると

  • 無料で登録できる
  • 日本での登録者数が多い
  • 恋人になる実績がある

という、真面目系なサイトです。紳士的なやりとりができる、そういう場でなければなりません。

それでないと、時間を無駄にしてしまうだけですからね。あとお金も。

「そんな優良なところがあるの??」と思いがちですよねぇ。

出会いの絶対数を圧倒的に増やす

出会いの場

「60%がメール交換を始めてから、1ヶ月以内に交際がスタート」

20代も30代前半が多く登録している、全国187万人が利用している真面目系のサイトが「match」です。世界で25カ国でも利用されているのだから、間違いなく実績はありますよね。

「ええ、知らないよ~」と思っているかもしれませんが、それは今まで待ちの状態だったからですよ。

「恋人ができない」とつぶやく前に、出会いの絶対数を圧倒的に増すことです

あとは行動だけ。メールアドレスだけを入力する超低リスクです。

無料だから、とりあえず登録でもいいのでは?

ここで躊躇していたら申し訳ないけど、また「恋人できないかなー」と言っているだけになっちゃいますよ。

このサイトで実際に友人で恋人を見つけたというカップルを2組知っています。年齢も20歳代で。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!