Optimus it L-05e +MVNO(格安SIM)でテザリングして更に便利に!

もう2年前のスマートフォンなのですが、バランスが良く安価な端末として人気だったdocomo「L-05e」

格安SIMにて利用していましたが、docomo仕様でテザリングが使えませんでした。

今回、とあるページにてテザリング方法が記載されていましたので、その内容も含めて情報シェアします。

スポンサーリンク

テザリング化の方法

今回、大変参考にしたのは、はんぺんの備忘録のサイトです。具体的なツールや方法まで用意されていて、本当に助かりました。ここでは、LG端末のL-05eに話を合わせて紹介します

端末側での設定

hanpen

ほとんどは、はんぺんさんの記事に記載されています。

最初に、端末側で開発者モードに変更して、USBデバッグをONにします。

そのあと、配布されているバッチファイルをパソコンにダウンロード。ここまでは、このページに書いてあるとおりです。

LGサイトからUSBドライバをインストール

ここで手間取ってしまったのですが、ページのまま進行しても「端末が見つかりませんでした」というエラー表示が出てしまいました。

そこで、LGのサイトからパソコンにL-05EのUSBドライバをインストールすることに。

usbinst

下記のLGサイトにリンクして

USBドライバをダウンロードします。ここでは当然パソコンでダウンロードして下さいね。

パソコン側でL-05Eを繋ぐためのソフトウェアをインストールすることで、「端末が見つからないよ」というエラーを回避することができました。

l-05ete00

スマートフォンとパソコンを繋いで、あとははんぺんさんのバッチファイル(galaxy_optimus.bat)をクリックすれば、ウインドウの指示にしたがって数字を入れていくだけです。

このテザリング化させる作業時間は10分程度で完了

ものすごい簡単ですが、パソコンが苦手な人は避けたほうがいいかもしれませんね。あくまで自己責任、ノーフォロー・ノーサポートを理解したうえでのテザリング化なので。

L-05Eをテザリング化するとどうなるのか?

l-05ete

無事に、格安SIMでもテザリングができましたが、ちょっと気になる点はをまとめてみました。

LTEではなく3Gになってしまう

テザリングの際に、アンテナを見るとわかると思うのですが3Gになってしまいます。はんぺんさんのサイトでは、モバイル通信をON・OFFを1回行うと解消するとの記載はありますが、うまく行きませんでした。

3Gでもスピードは充分

speedtest

これは格安SIMの業者によって差は出てきますが、3Gの状態でも3,7Mbpsも出れば充分です。

スピードテストをおこなってからは、もうLTEにこだわることもなくなりました。

テザリング起動するまでに1分くらい時間がかかる

ONをしたあとに、しばらくして通信が一旦切れて、そのあと30秒から1分くらい経ってからテザリングができるようになりました。

そのタイムラグがあるのは気をつけたほうがいいですね。

あとがき

利用する上で、特に問題なくテザリング化できました。神的なバッチファイルに感謝です!

格安SIMのプランも変更して、通信容量もあげちゃおうか早速考えちゃいますね。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告