徹底抗戦!?「NAVERまとめ」などキュレーションサイトのパクリ対策を導入してみた。

NAVERまとめとかMERYとかキュレーションサイトがありますよね。

情報発信者からすると、著作権を無視しまくるので敵対関係でもあるのです。ネット上でも「パクられた!ムキー」と声を上げる人が多数…。

しかも、たちが悪いことにサイト運営者(例:NAVER まとめ)は、「勝手に投稿者が上げたから、俺らはしらねーよ」と責任を投稿者に押し付けています。

なんだかキュレーションサイトの馬鹿すぎる構造に、口が並行しちゃいますよね。

グーグル様からの強烈な制裁を与えてくれるのを待っているのですが、まずは自己防衛をとパクリ対策をおこなってみました。

スポンサーリンク

画像検索に出てこないようにする

グーグルやヤフーの画像検索は便利なものです。

しかし、簡単に「引用したい画像を探せる」ツールでもあります。いやー、まっいっちゃいますね。そこで画像検索に引っかからないように対策をしてみました。

robots.txtに追記する

グーグルさんなどの検索エンジンに、「画像検索で掲載しないでね」という文言を入れちゃいます。具体的に、robos.txt に下記のを追記。

User-agent: Googlebot-Image
Disallow: /

User-agent: Yahoo-MMCrawler
Disallow: /

これで画像検索しても、自サイトで掲載している画像は出てきません。

「アクセス数が減っちゃうんじゃないの?」と思う方もいますが、実際に画像検索から流入してきた割合は、1万のうち2・3アクセスくらいでした。

その2・3アクセスのために、パクられるリスクを負うのはどうかなぁと思ってシャットアウトです。

RSSを全文配信しない

これはRSSに乗っかっている情報をスクレイピングしているとのこと。※参照

WordPressなら「設定」→「表示設定」→「RSS/Atom フィードでの各投稿の表示」の項目を、「抜粋」にすればOKですね。

.htaccessで画像の直リンクを禁止する

直リンクした画像があると、外部サイトでは表示させないように.htaccessで設定する方法です。※参照

ここでは、参照サイトの方法2が効果的ですね。

ちなみに、今はパクられている?の探し方

実際にパクられているのかチェックするには、グーグルさんを利用します。

site:http://matome.naver.jp/ takanome.me

このような形で、NAVER まとめに掲載している中で、ドメイン名を入れればパクられた記事が表示されます。

もしくは、細かいパクリサイトも探すとなると

“takanome.me”

のようにドメイン名が記載されているものを調べる方法でしょうか…。でもこれだけ自サイトも表示されるので面倒です。

あとがき

NAVER まとめでパクられた時には、1つずつ申請するしか無いんですよね。しかも面倒。1つあたり、15分ほどかかります。

そりゃ、みんな怒るわ。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告