ヤフーIDに「CCC社への情報提供」が行われているのに驚き。

情報収集の鬼、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)。

あらゆる提携先で情報収集をおこない、提携先にその情報を提供する。もちろん個人情報も含めて。

そんなTポイントの親元であるCCCは、ヤフーIDにも紐付いていました。(もしかしたら、知らないうちに許可をしていたかもしれないけど)

あまりの衝撃に、情報提供を無効にしてやりましたよ、という情報シェアです。

スポンサーリンク

ヤフーIDからCCCへ情報提供

yahooid

ふとヤフーの会員画面に入ってみたら、プライバシー設定の中に「CCC社への情報提供」という文字が・・・。

「いやいや、そんなヤフーIDから情報提供は行った記憶はないよ!いつの間にヤフーIDと紐付けているのよ!」とびっくりしちゃいました。

恐る恐る、中のページを見てみると

ccc

「現在、情報提供が「有効」になっています」とあるじゃないですか。

いやー引きますね。

ヤフーIDにログインした状態でページ閲覧や広告履歴に関する情報などが、まるっとCCCに情報提供されていたということ。

たぶん2015年にヤフーポイントが無くなって、Tポイントに統合されたときに、同意させられた内容かと思われます。

でも、何も気づかずに、ずっと過ごしているユーザーは数多くいるのではないでしょうか?

気になる人は、確認をして速攻無効にしましょう。なんか気持ち悪いですよね、影でコソコソとやっているのは。もちろん企業としてはポイント付与のために、個人情報を得てマーケティングをする代償かと思いますが、どこかやり方がセコイ。

規約が何かに書いてあったと思うんですけど、「いつの間にか個人情報が提供されている」とユーザーが認識すること事態、相手にインフォメーションをしていないですよね。

あとがき

Tカードも含めて、CCC関連はすべて解約したいんですけど、ここまでTポイントがはびこってくるとそうもいかず。加入企業の1社が会員券として使っているので、どうしても解約できないんですよね。

すでに生活の一部としてTカードが組み込まれてしまっているのが、なんだか悔しいです。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!