個人事業主・フリーランスの印鑑は、代表者印(丸印)の「屋号+氏名」で解決だと思う。

個人事業主・フリーランスで「印鑑は何を用意すればいいの?」と迷うはずです。

いくつか調べてきた中で、「これでいいのでは!?」と思ったものを紹介します(実際に自分は作りました!)

スポンサーリンク

まずは印鑑の役割から

印鑑には、代表的な3種類があり、それぞれに役割があります。

代表者印(丸印) 外側に会社名が入り、内側に「代表取締役の印」(企業の場合)を掘ってあるもの。実印として、法人設立の際に法務局に届けを出して登録をする印鑑。契約書などに使用。
銀行印 銀行口座の開設や手形や小切手を発行する際に使用。代表者印と兼ねることも可能。
社印(角印) 会社名だけが記載されている印鑑。見積書や請求書に使用。

法人の場合には、上記3つは最低限揃える必要があります。ただし、個人事業主・フリーランスは、まったく必要ありません

個人事業主・フリーランスが最低限必要な印鑑とは?

ずばり、自分自身の名前が入っている印鑑(丸印)で法的にも問題ありません。

鈴木さんだったら「鈴木」という丸印のみです。

屋号は「勝手に付けた名前」ですので世間一般では、なにも役に立ちません。個人事業主・フリーランスは、あくまで個人=自分自身になります。

そのため、契約書も銀行開設も見積書も、すべて個人名の印鑑で成り立ちます

つまり個人事業主やフリーランスの場合は…

代表者印(丸印) 法人でないため不要。
ただし、外側に「屋号名」、内側に「代表者印」という文字で作成する場合あり。
銀行印 屋号での口座開設でも、個人名の印鑑を使用。
社印(角印) 個人の丸印でOK。
四角の角印が欲しい場合には、わざわざ作らなくてもデータ(画像)で印鑑を作成して印刷すれば問題なし。

上記のように、3つ作らなくても問題はありません

見栄えのために、1つだけ作るなら。

自分自身の名前が入っている普通の印鑑ではどうも箔が付かない。その場合に1つだけ作るのなら、代表者印を少し変形させたもので十分です。

一般的に代表者印(丸印)は外側「屋号」+内側「代表者印」になりますが、外側「屋号」+内側「自分の氏名」にすると個人名が入るので個人事業主・フリーランスとしても意味合いが出てきます。

例で、代表者名が鈴木一郎、屋号がマイアミ・マリーンズなら

hanko

あくまで箔をつけるだけの印鑑ですが、これなら見窄らしさは出ません。契約書でも立派さが出ます。

見積書や請求書用の印鑑は、フリーソフトで簡単に作成できます。データで作成して請求書のひな形のワードやエクセルに貼り付ければ、ずっと使い回しができます。

実際に、外側「屋号」+内側「自分の氏名」を最安値で作成できますね。

投資として全然ありな金額です。

あとがき

上記の「屋号」+「自分の氏名」で顧客向けに使用していますが、何一つ言われたことはありませんよ!

むしろ個人名だけの印鑑よりも、しっかりした印象を与えてくれています。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告