格安バーチャルオフィス(東京で月額3000円未満)をまとめてみた。

個人事業主になったり、法人を立ち上げたりすると、必要になってくるのが住所です。

自宅の住所を利用したくない時に候補として上がってくるのがバーチャルオフィス。俗にいう、住所貸しですね。

住所を貸してくれるのなら、「ちょっと印象の良さそうな場所がいいなぁ」「でも、できるだけ固定費を下げたい」と思いますよね。

そこで、東京で格安なバーチャルオフィスを調べたついでに、まとめたので情報シェアです。

スポンサーリンク

【月額2000円/青山】アオヤマライズオフィス

青山ライズオフィス

http://www.costdown-bebe.com/

株式会社オフィスべべが運営している青山ライズオフィスです。港区北青山の住所が利用可能です。

  • 初期費用0円
  • 月額2000円
  • クレジットカード利用OK

【月額1000円/銀座】AZEX

office-tokyo.com

http://www.office-tokyo.com/

株式会社エイゼックスが運営しているバーチャルオフィス東京・銀座です。入会金が必要なものの、最安値プランは月額1000円で利用可能です。

  • 初期費用1000円
  • 月額費用2000円
  • 3ヶ月契約

【月額980円/品川・東向島】バーチャルオフィスJP

office-jp

http://office-jp.com/

?株式会社エー・ケイ・プランニングが運営するバーチャルオフィスJPです。月額は980円ですが年間一括払いで月額480円になり、最安値。

  • 初期費用5000円
  • 月額費用980円
  • 年間割引あり
  • 品川と東向島で選択可能

【月額3100円/南大塚】オフィスナビ

ofnavi.com

http://ofnavi.com/

株式会社ナビコーポレーションが運営しているオフィスナビです。3つの住所を選べますが、一番安く利用できるのは大塚。

  • 初期費用6000円
  • 月額費用3200円
  • 年間一括払いの割引あり
  • 大塚・芝公園・池袋の選択可能

【月額2750円/渋谷】バーチャルオフィスVOE渋谷

バーチャルオフィスVOE渋谷

http://v-o-e.info/

株式会社エレメントが運営しているバーチャルオフィスVOE渋谷です。シェアオフィスとの連携でありんこオフィス割引もあります。

  • 初期費用0円
  • 月額費用2750円
  • 資料作成の場所として利用可能

【月額3000円/日本橋・新宿】METS OFFICE

METSOFFICE

http://vo-metsoffice.jp/

オリンピア興業株式会社が運営しているMETS OFFICEです。格安バーチャルオフィスながら、自社ビル運営しているのが差別化になっています。

  • 初期費用3000円
  • 月額費用3000円
  • 半年・年間割引あり
  • 自社所有ビルにて運営

あとがき

バーチャルオフィスは月額1000円から利用できて、敷居が下がっていますね。気になるのは初期費用。バーチャルオフィスによって金額差があるので要チェックです。

またバーチャルオフィスで気をつけるのは、運営元がしっかりしているかですね。住所が利用できたとしても、急に倒産して住所が利用できなくなったりする場合もあります。

料金面では、郵便物の転送費用もチェックしましょう。転送手数料がかかったり、郵便実費だけたったり、あとは郵送回数ですね。

郵便物が全くない人なら問題ないと思いますが、そこそこ郵便が来てしまうのなら、その転送手数料で費用が嵩んでしまう場合もあります。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!