7spotでサービスポリシーを理由にNAVERまとめなどブロック。ポリシーの定義は?

セブンイレブンやデニーズなどで展開している無料無線LAN「セブンスポット(7spot)」。

簡単な会員登録さえすれば、1日1時間、3回まで利用できる優れもの。あまり知られていないのがちょっと勿体無いサービスでもあります。

わざわざセブンイレブンに行って繋げるほどでもないのですが、デニーズなどゆったりとできる場所では利便性は高いのです。

しかし、その無料サービスでネットをしようとすると、いくつかのサイトが見られないのです。

スポンサーリンク

サービスポリシーに反するサイトのためブロック

セブンスポットでネットをしていると、急に「サービスポリシーに反する…」との文言で特定のサイトが見られなくなります

代表的なのが、NAVERまとめ。

比較的NAVER まとめはSEOに強く、検索一覧で出てくることも多いですよね。そうなると、知りたい情報を得られないということになります。

このセブンスポットのサービスポリシーとは何なのか?

一生懸命に調べてみたのですが、残念ながらまったく基準が明記されていません

アメブロの管理画面に入れない…2chで投稿できないなどのコメントは残っているのですが、ある特定のサイトをブロックしているようです。

ここからは完全な憶測です。※もう一度、未確認情報です

セブンスポットの利用規約には、著作権の項目があります。

第11条(著作権等)

  1. 本サービスおよび本サービス上で表示される各種情報等に関する知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、ノウハウ等を含みますがこれらに限定されません。以下同じ)は、当社らまたは当社らに許諾をしたそれぞれの権利の権利者である第三者に帰属し、明示的に定めた場合を除き、利用者に移転あるいは何らかの許諾がなされるものではありません。
  2. 本サービスにおいて利用者が投稿したコメント等の情報に関する知的財産権は、投稿した利用者に帰属します。ただし、当社らおよび当社らの指定する第三者は、利用者が投稿したコメント等の情報を無期限かつ無償で無制限に使用等できるものとし、また、利用者は、当社らおよび当社らの指定する第三者に対して著作者人格権およびその他一切の権利を行使または主張しないものとします。

セブンスポット経由で書き込みや投稿をした際に、そのコメントはサービス提供者が無制限に利用できると記載されています。

例えば、NAVERまとめで投稿したコメントを利用できる意味合いがあるので、NAVER まとめ側は「勝手に利用するな!」いうことなり、権利の争いになるのではないでしょうか?

そのトラブルを避けるために、投稿できるサイトをブロックして未然に防いでいる予感がします。※あくまで予感です。

セブンスポットの使い方も閲覧中心がベターなような気がします。バンバン投稿していく人は、自分のスマートフォンでテザリングしたほうが良さそうですね。

まとめ

無料には何かしらの制限があります。当然ですよね。

利用する側も、充分に理解をしてから、利用範囲内で楽しみたいものです。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!