20代の転職回数は何回までOK? みんなの意見からランキングに。

20代の転職は「もう転職するの?」と言われそうで、あまり大きな声で転職したいことを言えないですよね。

まして、20代の転職はキャリアを積む上で大切な時期とも言われています。

20代の転職回数が気になると思いますが、いったい世間では何回までOKなのでしょうか?実際の意見を踏まえて、投票ランキングにしました。

では、みなさん、20代の転職回数は何回までOK??

スポンサーリンク

1位:転職は3回まで

「3回以上はいろいろと聞かれるから」

自分自身の経験でそう感じた為。3回目までは面接の際もスムーズに進むが3回以上になった時色々と聞かれたので。忍耐力がないと思われるようです。

「30代で結果を出せる場合もある」

20代のうちは経験を積みたいと考える人も多いですし、いろいろな業種を経験してきたからこそ、30代で結果を出せる場合もあると思うので、転職回数は3回までだったら範囲内だと思います。30代で転職回数が多いよりは、20代のほうが印象がだいぶ良い気がします。

「避けられない事情もある」

私が知る限り、転職の理由は会社が倒産・ブラック企業・病気になったの3つ。なので、この3つ全てに引っかかったと仮定したら、転職も3回まではやむを得ないと思う。

2位:何回でも

「これだという仕事を見つける」

20代はまだ若いので自分がやりたい事をやればいいと思います。やりたくない仕事を無理にしていても時間が勿体ないような気がするので、転職は何回してでもこれだという仕事を見つければいいと思います。

「やってみないと分からない」

仕事なんて、やってみなければわからない。直感を信じて、「この会社はだめだ!」と思ったらさっさとやめていいと思う。頑張って報われる会社ならいいが、報われない会社だったら本当に時間の無駄。

「ステップアップのため」

若いんだから、何度でも色々な事にチャレンジして、やりたい事、歩みたい道、生きたい居場所を探したら良いと思います。私は27歳で3つ目の仕事をしていますが、ステップアップするために、既に次の一手を考えています。

3位:2回まで

「1社に3年務める」

少なくても1社に3年は勤めた方がいいと思います。もし大卒で就職をすると、転職の機会は25歳と28歳あたりですので、すでに2回となります。キャリアアップをしているとしても、やっぱり3年は勤めていないと、次回の転職の際の面接官の心証が良くないです。

「業界を知るため」

やはり3年くらいは頑張ってみないとその業界の事が分からないからです。その間に資格を取る事もできるし、新しい人脈を広げるためにも3年は勤めるべきかと思います。

4位:1回まで

「面接時の心象を考えて」

20代で余りにも転職回数が多いと、次の会社でも教育を受けるだけですぐに辞めるのではないか、と思われると考えられるため。

「2回目の失敗は許されない」

いざ入社してみて自分の思っていたのと違うってのはよくあると思います。どうしても合わなくやめてしまうのはしょうがありませんが2回目の失敗は許されません。今度はうまくいくように失敗した経験をいかして再就職先を考えてほしいです。

あとがき

さまざまな意見はありますが、多かったのは転職回数は気にするな!ということです。

20代は失敗して失敗して成長していくものです。たとえ転職回数が多くなったとしても、自分が誇れる仕事や納得する仕事をおこなうほうが人生は楽しいですよね。

ただし、やはり転職回数が多いと面接時に聞かれますので、自信を持った返答ができるようにしましょう。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告