20代で2回目の転職…。実際の経験者に聞く。どのような気持ちで次につなげた?

20代で2回目の転職となると、不安が多いと思います。

一般的な風潮として転職回数は気にしがちです。まだ20代で若い立場なのに、「2回目の転職はなぁ…」と落ち込んでしまう気持ちもわかります。

実際に、2回目の転職をした人は、どのような不安を持ち、どのように2回目の転職をしたのでしょうか?

ここでは3人のパターンがあります。参考の一つにしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

パターン1:自分の実績を無駄にしない

2回目の転職になった理由

20代前半の時、デザインやデータ管理をメインとした仕事をしばらく続けた後に、目標としていた企画・ディレクションに携わるために転職。

多忙で慣れないことも多い業務の中でしたが、様々な経験をすることができ着実にスキルを積んでいることを実感していました。しかし、社の経営状態が悪くなり事業縮小、私の部署は解散することに。

先輩の助けもあり、引き続き同じような業務に携わることができる企業を紹介してもらいましたが、付き合いのあったクライアントとも離れ、新しい場所で一から人間関係をつくっていかないといけないことが不安でした。

それでも転職に成功したポイント

せっかく慣れてきていた業務ができなくなり、新しい仕事環境の中で新規のクライアントと付き合っていくのは最初は大変だろうなと思いながら、転職前に事前に新たな上司に色々なことを相談してみました。

心に引っかかっていたのは、今までの積み重ねが無駄にならないかということ。

しかし、今までのクライアントとつながりを持ち、問題のない範囲で仕事を受けて良いという許可を貰えて、これが大きな安心感につながりました。

1回目の転職はいかにステップアップができるかを考えたものでしたが、2回目の転職時にはこのように今までのことを取り入れて、自分の実績を無駄にしない環境づくりができるかどうかを重視しました。

パターン2:実現できることと気持ちを伝える

2回目の転職になった理由

結婚し、主人の転勤で九州へ引越しすることが決まり、新卒から働いていた会社を退職することとなりました。

新たな新天地で転職活動をし、無事就職することができましたが、入社後に給与等の条件や社内の雰囲気が事前に聞いていたお話しと全く異なりました。

そのような状況の中で約半年間働いていましたが、どうしても納得ができず転職することに踏み切りました。

しかし、実際に次に転職活動をする際に、転職する理由を正直に話しても良いのか、次の転職先でも同じようなことが起こってしまったらどうしよう、そもそも半年ほどで転職するということが、転職活動の際に不利にならないのか、ということが不安でした。

それでも転職に成功したポイント

転職活動をする際に重視した点は2つあります。

1つ目は、転職先の会社で「自分が何ができるのか」「自分は何を実現したいのか」を会社に伝えることです。

新卒採用と違い、中途採用はこれまでの社会経験や、これまでの仕事でのスキルが求められると感じたため、これまでの仕事で何を学んできてどういうスキルがあるのか、ということを伝えました。

そしてその上で、転職希望の会社で何を実現したいのかを明確にしました。実現したい内容は、自分自身のスキルアップのためという漠然としたものではなく、会社の事業の中で、「もっとこういうことができるのでは」「こういう事業をやっているのでこういうこともできるのでは」と自らアイデアを出し。

そのアイデアを実現するために自分のこれまで学んできたこういうスキルを活かせる、というように具体的に伝えました。こ明確に丁寧に行うことで、会社の考えと自分の考えをすり合わせすることもできました。

2つ目は、自分の気持ちを正直に伝えることです。

前職の際に起こった、条件の相違などネガティブに起こった出来事を事実としてお話しし、決して誹謗中傷するわけではなく、自分はどうしたかったのか、今後はこうしていきたい、ということを伝えました。

給与や休日、福利厚生ばかりを話すのは、会社側からあまり良い印象はないかと考えていましたが、1つ目の考えをしっかりと述べた上での条件での話し合いは必要なことだと思います。上記2つを重視したので、転職先を決めることができました。

パターン3:技術やテクニックを次に活かす

2回目の転職になった理由

1度目は全く業種の異なる転職。それまでは肉体労働系の仕事でしたが、スキルを磨き、講座にも通いながらその業種を目指したんです。

100社ぐらい履歴書を送ってようやく採用されました。あこがれの仕事だったので前日は全く眠れず、赤い目をして出社したのを覚えています。そこではいい上司に恵まれ、スキルやテクニックも磨くことができたんですが、不況の波に流されてリストラされました。

本来の仕事から徐々に違う仕事に回されるようになってきたので不安を感じていたことが的中したようなものです。それでも社長は「おまえには実力がある。なんなら一筆書いてもいい」とおっしゃってくれたのが救いでした。

それでも転職に成功したポイント

すぐさま転職活動を行いましたが、意外とあっさり決まりました。

前社長の一筆は結局もらいませんでしたが、その間の仕事で実績う積み重ね、作品をきちんとファイリングしておいたからこそ転職もスムーズに行ったと思います。

その前の会社ではなかなか磨けなかった企画書の書き方のテクニックやプレゼンテーション技術などは独学で学んでいて、それが面接時にも役だったのではないかなと。

多少はったりでも自分はこのようなことができる、御社ではこういうことで貢献できるということを胸を張って主張することがなによりも大切。

こいつなら面白い企画を出すのでは?と思わせたことが最も効果があったように思います。

あとがき

いかがだったでしょうか?

転職回数が多くなってしまって不安…と最初は思っていても、逆に他の人よりも「今までの経験を優位に使う」のが見えてくると思います。

何が出来るのかの自分の棚卸しをすると、面接でも強くなりますね。しっかりとした武器は、みんな持っているはずです。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告