転職するときには、事前に確認事項を抑えておくと失敗しにくい。

転職する際の面接では、なかなか質問事項が飛んでしまう場合がありますよね。

転職で失敗しないためには「こんなはずじゃなかった」を潰すことです。そのためにも、確認事項を事前に認識しておくとスムーズになります。

スポンサーリンク

給与や待遇の確認をキチンと行う

転職で後悔しないためには、給与や待遇の確認をキチンと行うことが大切です。

転職にあたっては、採用されたい気持ちが先にきてしまい、給与のことなどお金のことは確認しにくいものですよね。しかし、働くのであれば、給与や待遇はとても大切であり、長く働くことを考えれば、昇給のことも事前に確認が必要です。

収入アップのための転職であった場合、入社後一年の収入がアップすれば成功というものではありせん。トータルで収入を上げていくためには、五年後、十年後も大切です。昇給のシステムについて事前に確認しておきましょう。

年収という大きなくくりではなく、月給やボーナス、残業代のことなどを確認することも大切です。残業代込みの年収で提示されていた場合、あとから大変なことになる場合があります。

通勤手当や住宅手当などがあるのと、ないのでは大きく違うからです。手当に関しては支給の条件についても確認しておきましょう。待遇や給与のことは、自分で直接聞いたりするのが難しいことも多いです。

自分で質問したり、交渉したりしなければいけないようなときには、デリケートな問題ですから切りだし方に工夫をしましょう

年収を上げるために転職したのに手取りが減った、翌年以降の収入が横ばいで同年代よりも年収が低い、などといったことにならないように、給与や待遇の確認は、転職前に行うようにしましょう。

計画的に転職を進める

嫌なことがあったからと勢いで仕事を辞めて転職するのはやめましょう。転職は計画的に進めるほうが成功させやすいです。

転職をするにあたっては、無職のリスクを避けるために在職中から動き始めることがお勧めですね。

いきなり次の職場探しを始めるよりも、まずは自分と向き合って整理していくところから始めたほうが後悔のない転職ができます。次の職場にどのようなものを求めるのかは、自分と向き合ってみないと分からないからです。

どのような仕事をしていきたいのか、キャリアを積むのか、家庭や育児との両立を目指すのか、将来のことはどのように考えているのか、など、考慮しなければいけないことはたくさんあります。

一人では難しい作業ですから、友人に相談するなどして、具体性のある将来設計をしていくことが可能です。それによって条件をまとめていき、優先順位をつけておきます。

そうすることで求める職場が分かってきますから、自分に適した求人を見つけやすくなります。計画的な転職では、今の会社を辞める時期というのも大切です。繁忙期は避けて、スムーズに転職ができるように。

情報収集はしっかりと

どのような会社なのか、職場の環境や人間関係はどうなのか、など、事前に情報収集はしっかり行いましょう。

転職を成功させるためには、情報が大切です。最近はインターネットなどで簡単に情報が手に入ります。

会社の内部情報は簡単にインターネットで手に入る程度の情報は自分で手に入れて、頭に入れておきましょう。情報は会社選びにも役立ちますし、面接時などにも活用することができます。

あとがき

こんなはずじゃなかった…と後悔をしないように、聞きたいことをしっかりと聞くと就職した時のモチベーションも変わります。

失礼にならないように、面接の時には「なぜこの質問をするのか」の理由をつけた上で、給与などを聞くと比較的回答をもらいやすいですよ。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!