【面接の質問】面接で合格する時に、名前をグーグルで検索するの?

インターネット大活用時代が到来して、すべての情報がグーグルによって支配されていますね。

今回の質問は…

面接で合格する時に、名前をグーグルで検索するの?

過去の嫌なことが出てしまったり、事件に出ちゃったりとか心配なんでしょうかね。

スポンサーリンク

ググったり、ググらなかったり。人による。

この質問を解き明かすと、その面接者によるよね。

普通のやりとりの面接をしていたら、別にググらない。どうしてかと言うと、一人ひとり検索するのは面倒くさいから。

一番の理由は、そんな時間はないんだよね。

面接だけで時間を使っているだけで精一杯。直接会ってみて、話してみて、それだけで充分に人柄は分かるもの。怪しさがなければ、ネットでの悪評なんて無いだろうね。

もし合ったとしても、直接会った本人を信じる。そんなネットのバーチャル的な内容よりも、100倍信用性があるから。

でも、もし仮に「いい人なんだけど、ちょっと経歴があやしすぎる」という場合にはググっちゃう。これは採用の判定に関わるというわけではなくて、あくまで興味本位。どんな人生を歩んできたんだろう?というね。

ググりやすいのは元会社経営者など目立つ人

ごくたまに、「会社経営をしていました」「個人事業をやっていました」という面接者がいるんだよね。

もちろん経歴は凄いし、努力もしていそうだし。間違いなく即戦力。

でも、どんな事業をやっていて、どうして会社勤めに戻ろうとしているのかは気になるところ。普通の事業をしているのなら特に問題ないけれども、怪しい事業だったら「ちょっとね」と考えもの。

実際に「この人は即戦力で雇いたい!」でも調べてみると、とてもウチの収まる器ではないというのが過去にあったね。

要するに実力がすごすぎて、会社で受け止められないということ。

結果的に、この人はお断りさせてもらいました。

あとがき

そんなに気にしないで!ググったりググらなかったりする。

名前で検索して変な情報に惑わされるような企業だったら、むしろ変な噂が立ちやすい企業かもしれない。無理して入社しないほうがいいよね。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告