知っておきたい!20代で転職するときのコツは?

転職するときには、できるだけ期間を短くしたいですし、成功したいと思うのは当然だと思います。

特に20代の転職は、俗言うキャリア形成で大切な期間。失敗はしたくないものです。

そこで今回は20代で転職するときのコツをご紹介します。

スポンサーリンク

焦らない、妥協しない、早まらない。

まず一番初めに、これは忘れてはいけません。

転職期間が長くなってしまって、「早く就職したい」と焦っていると危険です。内定が出た企業が「そこそこだなぁ」と思っていたら、迷いを押しのけて就職を決めてしまう人が多くいます。

そのときは「まぁいいか~」と思ってしまいますが、その先、3年も5年も働く企業と考えてみてください。

たった一瞬のジャッジが、数年間の時間を決めてしまうのです。

就職の期間が伸びてしまっても妥協はしないほうが、今後のキャリア形成にプラスになるはずです。決して早まらずに就職先を決めないのが最大のコツです。

自分の未来を考えて就職先を考える

20代の転職は、今後30代40代に続く滑走路だと考えてみるといかがでしょうか?

20代の時にはまだ飛び立っていないので、職種に関してある程度やり直しや自由が利きます。しかし30代で飛び立ってしまうと、そこからの軌道修正が難しくなってきます。

例えば販売の仕事をしていたら、そのまま販売職に。もしくは、近しい職種である営業職などに限定されます。つまり、30代40代の方向性が20代で決定してしまうのです。

どのような職種を続けたいのか、どのような仕事をしていきたいのか、じっくりと考えて就職先を決めると、将来の後悔がありません。

20代は試せる年代です。将来を考えながら、就職先を考えましょう。

面接では聞きたいことを聞く

ついつい緊張しがちな面接ですが、じっくりと落ち着いて臨みましょう。

特に質問の時間は重要です。「これは聞いてはいけないなぁ」と思ったり、「緊張しすぎて質問が思い浮かばない」というのもモッタイナイです。

どんな些細な事でも、引っかかることがあれば漏れ無く聞いていきましょう

経験があるかもしれませんが、大抵の場合に面接の後になって「あぁ~、あれは聞きたかった」と思い浮かべるものです。

そうならないためにも、事前に質問事項をリスト化させておいて、聞けるような方法を取っておきましょう。

落ちても「次がある」と割り切る

面接に落ちていくと、どんどんとモチベーションが落ちてしまいます。

そこでネガティブになってしまっては、さらに次の面接でも印象が良くなくなってしまいますよね?

面接で落ちたとしても「次がある!次がある!」と声に出して、サッパリと忘れていきましょう。受からなかった企業は縁がなかっただけです。世の中には、数えきれないほどの企業があり、求人もたくさんあります。

割りきって、どんどんと次の面接に前向きに挑んでいきましょう。

あとがき

20代で転職する際のコツは、焦らずに自分自身の将来を考えるのが大きなポイントです。

その方向性が決まったら、面接に挑むのですが、後悔しないように質問はする、さらに落ちたとしても割り切る。

そうして自分自身に最適な就職先が見つかるはずです。ぜひ後悔しない就職を念頭に就職活動をおこなってください。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!