これは簡単!Gmailのアカウント移行は経由で。送信済みメールも移行OK。

長年Gmailを利用していると、わけあってGmailを別のアカウントに移行したい時もありますよね。

そんなときに、ネットで調べてみると「POPを利用して新アカウントで受信する」という方法が目につきます。

でも、もっと簡単で時間のかからない方法があるので情報シェアします。

スポンサーリンク

Gmailを別アカウントに移行する概要

旧Gmailから新Gmailに、すべてのメールデータを移行させるにはimapを利用するのが手間がありません。

キーポイントとなるのは、メールソフトのThunderbird(サンダーバード)です。このメールソフトを経由することで、Gmailの移行がスムーズになります。

旧Gmail→(imap)→Thunderbird→(imap)→新Gmail

大きな流れは、GmailからThunderbirdに移行して、さらにThunderbirdからGmailに移行するという方法です。

この方法のメリットは・・・

  • ラベル構成(フォルダ)がそのまま生きる
  • POP移行よりも、スピードが早い
  • 送信済みメールも、漏れ無く移行できる

という点で、慣れてしまえば簡単にGmailの移行が可能になります。しかも、ほとんど元通りになるので、移行後もスムーズに。

対してデメリットは・・・

  • 移行時はパソコンを起動しておく必要がある(寝ている時にすれば解決)
  • メールソフトThunderbirdをインストールする必要がある

メリットもデメリットもありますが、とにかく簡単という意味で、ぜひオススメしたいGmailのデータ移行方法です。

旧Gmailから新Gmailに移行する4つの手順

1.新旧のGmailアカウントの「imap」設定を確認する

gmail01

まずは、新Gmailと旧Gmailの設定をおこないます。

今回利用するのは「imap」という機能。簡潔に言うと、メール同期するための仕組みです。

大切なのは、Gmailの設定画面の中にある「メール転送とPOP/IMAP」の中にある「IMAPを有効にする」にチェックが入っているかどうかです。

新旧Gmailの両方ともに、有効にするにチェックが入っているか確認、もし入っていなかったらチェックを入れてください。

2.メールソフトThunderbirdをダウンロード&インストールする

gmail02

次は、移行するために一時的に利用するメールソフトのダウンロードです。

矢印のThunderbirdダウンロードのボタンを押せば、PCにダウンロードが開始されて、インストールできるようになります。

gmail03

インストール時に、アカウント設定の画面が出てきますが、「メールアカウントを設定する」をクリックしてください。

gmail04

旧Gmailのアカウント情報を入力します。

この時は、メールアドレスとパスワードが必要ですね。入力後は、続けるをクリック。

gmail05

gmailを設定した場合、自動的に受信サーバーなどが設定されます。このまま完了ボタンをクリック。

gmail06

メールソフト画面が開くと、旧Gmailのメールが見られるようになります。ラベルもそのままですね。

メールデータを受信していくので、その間に新Gmailの設定もおこないます

※もし、ThunderbirdでGmailを受信できない場合は、グーグルのセキュリティ設定で「安全性の低いアプリの許可: 有効」にしてみてくださいね。

gmail07

Thunderbirdの設定ボタン(三本線)をクリックして、新規作成→新しいメールアカウントを取得をクリックします。

そうすると、先ほど設定したのと同じ画面が出てきますので、次は新Gmailアカウントをメール設定してください。

gmail08

あとは全てのデータをThunderbirdが読み込むまで待ちましょう。

旧メールデータが多ければ多いほど時間がかかります。

もしデータ受信が完了すれば、これで、移行準備が完了です。

3.旧メールデータを新Gmailにコピーをする

gmail09

メールの一覧画面を開いたら、メールを全て選択。

その後、右クリックでメニューを出して、「メッセージをコピー」→「新Gmailアカウント」→「コピーしたいフォルダ選択」で完了です。

あとは自動的に、旧Gmailから新Gmailにコピーをしてくれます。

同様の作業で、送信済みメールなどもコピーをしていきましょう。

またラベルの付いているメールは、ラベルごとドラッグ・アンド・ドロップで移行もできますので楽ですね。

4.全データ移行完了後、Thunderbirdをアンインストール

すべてのメールデータが移行完了できたら、Thunderbirdをアンインストールしても大丈夫です。

新Gmailを利用するだけですね。

あとがき

Thunderbirdを経由するだけで、Gmailの移行が確実にスピーディに出来るようになります。

結構面倒くさいと思ったら、意外と簡単でした。そしてなにより、送信済みメールを移行できたのが嬉しい限り!

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!