ソニー銀行の解約は、簡単+サッパリ。WEBから約3分で完了。

ソニー銀行を1年間利用していたのですが、諸事情のため都市銀行に乗り換えるために解約をおこないました。

ATMも振込手数料も利便性があって勿体無い気もしましたが、思い切って解約。

WEBで解約申請をおこなったら、簡単すぎてビックリしたので情報シェアです。

スポンサーリンク

ソニー銀行の解約方法

ソニー銀行の解約はWEBから出来てしまいます。

その際に必要なのは、カードの裏面にある製造番号や5桁のパスワード、秘密の合言葉など。ソニー銀行に関わるすべての事前用意が必要です。

ログイン後、各種申請から解約をクリック

解約申請

まずはアカウントにログインします。

その後、各種申請の中の一番下にある「ソニー銀行講座の解約」をクリック。

残金の振込先銀行の登録

振込先口座

解約申請に関わる最初のステップは、ソニー銀行に残っている残金の振込先の登録です。

ここでの注意点は、振込手数料キャッシュバックは反映しないため、キャッシュバック受け取り後に解約をすることです。もし解約を進めてしまったら、振込手数料のキャッシュバックは受けれません。

もし前月に振り込みをしていたら、毎月10日まで解約は控えたほうがいいかもですね。

また、解約にあたっての残金振込みは、振込手数料は無料です。無料振り込み回数も関係ないです。

振込先銀行を登録すると、残り60%

残り

振込先銀行を登録し終わると、すでにステップは60%まで進んでしまいます。

もうちょっとで解約申請が完了ですね。早いです。

解約の理由は?

解約の理由

ここで聞かれるのが、解約の理由。

任意でチェック式で回答ができます。無回答でも次に進めてしまいますが、サービス向上のために協力したいとことですね。

各種パスワードなどの入力

パスワードの入力

後半になると、パスワードの入力やカード裏にある製造番号の入力をしていきます。

秘密の合言葉も必要になってくるので、間違えないように入力です。

確認画面もないまま、あっさり解約申請終了

解約終了

諸々のパスワードなどを入力すると、解約受付完了です。

しかも最終的な確認画面もないまま、引き止めもないまま、あっさりと解約申請が終わってしまいました

この時点でWEBからのログインもできなくなり、カードを裁断して破棄でOKになります。そして、その日のうちに残金も指定振込先に振り込まれていました。仕事が早すぎですね。

あとがき

事前にカードやパスワードが揃っていたので、3分で解約が終わってしまいました

こんなにあっさりとしてしまうと、どこか名残惜しさが出てしまいます。

ソニー銀行は消費者目線に立ったサービス展開で知られていますが、こんな解約の流れも分かりやすくて簡単でした。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!