サイト閉鎖時に、すべてを抹消してインデックスも消し去る簡単な方法。

サイト運営をしていると、都合によってサイトを閉じる(閉鎖する)場合もあるかと思います。

FTPにあるすべてのファイルを消したとしても、まだGoogleにインデックス(検索一覧に表示)されていることもしばしば。

「できるだけ早く、すべてを消し去りたい!」と思った時の簡単な方法を情報シェアします。

スポンサーリンク

サイトが消えたとGoogleに伝えるおまじない

「ページが無いよ」と表示が出る時の番号は404なので、これはよく見かけるかと思います。

それと同じように、「サイトが無くなったよ」と伝えるのは410(Gone)です

この410が、Googleに伝えるおまじない。

FTPのデータをすべて消したとしても、Googleは「なにかで誤って消えちゃったのかな?」と親切にしばらくのあいだ、どっちつかずの判定をしてくれます。そのため、インデックスを残す状態にするんですね。

ここはサイト管理者が「Googleさんよ、もうこのサイトはないよ」と親切に伝えたほうが、いち早くインデックスも無くなるわけなのです。

.htaccessに記載する文言

FTPですべてのデータを削除した上で、この文言を.htaccessに加えればOKです。

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule .* – [G]

アクセスした場所が、ファイルもフォルダも無い場合には410(Gone)ですよ。という内容です。

例えば、古くからインデックスされていたページ(/aaa.html)も、ページがなくなっていれば404ではなくて410で返してくれます。

あとはGoogleがクロールするタイミングでガッシガッシとインデックスが無くなり、綺麗サッパリとサイトが無くなるはずです。

あとがき

インターネットを汚さないためにも、サイト管理者は使っておきたいですね。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告