町田リス園のリスと存分に戯れるなら、朝イチの入場で。

町田リス園ってご存じですか?

東京都の町田にある、リス専門の動物園です。数百匹いるであろうリスと戯れることが出来る、東京近郊で密かに人気なスポット。

ちなみに台湾リスなので、冬でも冬眠せず。毎日元気なのですが、存分に楽しむのなら朝イチがオススメです。

スポンサーリンク

朝10:00からオープン

入り口

町田リス園は10:00からオープンします。

なかなかアクセスしづらい場所ですが、車だと楽々です。近隣に公園駐車場があり、平日無料。週末でも、1時間30分までは無料、2時間まで50円と格安です。

また10:00から入れば、駐車場も混むことはありません。昼過ぎくらいから駐車場は混みだすので、出来るだけ朝の方がいいですね。

リスは友達

リスはともだち!のキャッチフレーズは、今後、リスと戯れる際の伏線かもしれません・・・。

ふれあいひろば

町田リス園の中には、ふれあい広場があります。

写真で見るように、野球場の半分くらいの広さはありそう。ここにリスが放し飼いにされています。

リスのエサ(ひまわりの種)が100円で売っています。

これは必ず買いましょう、そして無料レンタルできる手袋は必須アイテムです。

リスにエサやり

手袋を差し出すと早々とリスが集まってきますよ。

ちょうだい!

こんな感じで、「ちょうだい!」と身を乗り出してやってきます。

時には、人間に飛び移って身体に登ったり降りたりするほど。強欲のひとことです(笑。

子供はあまりのリスの強欲っぷりに怖がり、「リスさん、怖い!」と泣き出すことも。確かに大人でも最初はビビります。

理由は1つ。

朝イチはお腹が減っているのか、たくさんのリスが我先にと飛びかかってきます。飢え死にならないためにも、それは必死になるのは分かりますよ。

リスは可愛い

とは言っても、リスは可愛いです。

俊敏に動き回っていますが、エサを食べているときはシャッターチャンスです。

こんな感じで上に乗せた状態でエサをあげると、むしゃむしゃと食べていますので、こっちも逃さずにパシャパシャとシャッターを切ると、素敵な写真が撮れやすいです。

徐々にお腹いっぱいになってくる

お腹いっぱい

朝イチは大量の入園者が、大量のエサをあげまくっています。

お腹いっぱいになったのか、日向にあたってお昼寝。

朝イチは元気でしたが、徐々にこういったリスが出てきたので、午後からは餌を上げようとしても反応が薄いかもしれません。(※憶測です)

あとがき

町田リス園に行くなら、間違いなく朝イチです。

リスとの戯れはなかなか体験できないこと。それを、体中で体感できます。

本当にリスと友達になれる場所でした。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告