グーグルアナリティクスで自分を除外するアドオンが簡単すぎる。

「自己サイトでアナリティクスのカウントされたくない」「他サイトでアナリティクスに解析されたくない」

そんな人に、いくつか方法がある中で一番ラクなのがアドオンの追加です。

スポンサーリンク

アドオンの内容とメリット・デメリット

グーグルから提供されている「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」。JavaScript(ga.js、analytics.js、dc.js)によるデータの使用をウェブサイトのユーザーが無効になるアドオンです。

利用できるのは、主要ブラウザのChrome、Internet Explorer 8~11、Safari、Firefox、Opera。ほぼ網羅されてます。

メリット

  • ブラウザに入れるだけ。他の作業はなし
  • 自分自身のIPを調べる必要なし、固定IPにする必要もなし
  • クッキーを入れる必要なし、クッキーがなくなって再設定する必要なし

デメリット

  • アドオンを入れるだけ、ほんの少しだけ重たくなるかも
  • 複数ブラウザを使用している場合、すべてに入れる必要あり

メリット・デメリットはそれぞれありますが、IP除外が主流だったときに比べて、だいぶ楽になったと思われます。まして、グーグルから提供されいるアドオンのため、突如とした仕様変更など対応してくれるはずで、安心できます。

アドオンの導入方法

Google アナリティクス オプトアウト アドオンのサイトへ飛びます。

https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja

add-on01

右側にあるダウンロードを押すと、各ブラウザに合わせてアドオン追加になります。

add-on02

クロームの場合は、「Chromeに追加」をクリックするだけ。

他のブラウザも一度入れてしまえば、他の設定は一切不要です。これで、自己サイトも、他サイトもアクセスしたとしてもグーグルアナリティクスでカウントされません。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!