ホームラン軒「汁なしジャージャー麺」が舌に絡みつく逸品。

インスタントカップ麺に珍しいホームラン軒 汁なしジャージャー麺」。

マイナーな会社が発売しているのかと思ったら、大手のテーブルマークが出していました。

ローソンストア100でスポット的な感じで出ていたので、今までの売れ行きは…。

スポンサーリンク

通常のカップヌードルの容器を利用!?

通常の容器

食べる前にお湯を捨てるので、焼きそば風な容器かとおもいきや、通常のカップヌードルと同じ高さの容器

使いまわすことでコスト削減を測ったのか、もしくはタレが跳ねるから厚さを増す必要があったのか…。

湯切り口

蓋には、きちんと湯切り口が存在します。

ジャージャー麺の外蓋

テーブルマーク特有のノンフライ麺

エネルギーは342カロリーと低めです。

ジャージャー麺の中身

中身は麺とタレとかやく。

ジャージャー麺ですが、ここは普通です。

湯切り

焼きそばと同じ要領で湯切りをおこないます。

きっと新天地になるジャージャー麺の作り方を間違えないように、上蓋に説明書きがあるのは開発者の工夫ですね。

麺に絡みつくタレ。コクが食力を引き立たせる。

出来上がり

ソースを絡めて食べてみると、たしかにジャージャー麺!

しかも、タレの絡まりが強く、少しモチっとした麺がさらに美味しさを増加。

濃厚な味わいが食力を引き立てます。これは、新ジャンルでうまい!

あとがき

美味しく頂けるものの、唯一の欠点は量が少ないこと。

ズルズルと食べていると、あっという間に底が見えてしまいます。

容量103gなので、もう少しボリュームを増してくれると男子には嬉しいカップ麺です。

同シリーズの担々麺も食べました

ホームラン軒「汁なし担々麺」はどう? 挽肉少なめで魅力半減。
テーブルマークが出しているホームラン軒の汁なし担々麺。 赤いパッケージに、大きく担々麺と主張するこの商品は、真新しさに惹かれてしまう人...
スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告