ホームラン軒「汁なし担々麺」はどう? 挽肉少なめで魅力半減。

テーブルマークが出しているホームラン軒の汁なし担々麺。

赤いパッケージに、大きく担々麺と主張するこの商品は、真新しさに惹かれてしまう人がいるのではないでしょうか?

ちなみに、ジャージャー麺と同じシリーズで出しているカップ麺です。以前試食してジャージャー麺は美味しかったので、こちらにも期待しましたが・・・。

スポンサーリンク

カップ麺の湯切り

湯切り口

湯切りをする場合、焼きそばのように平たい容器ですが、これは通常の容器。

上部に湯切り口があります。

DSC00933

ノンフライなので低カロリーが嬉しいですね。

開封

中身は、かやくと液体スープ。ほぼ同シリーズのジャージャー麺の中身と同じ

液体スープとパッケージだけ変えただけの印象です。

ちょっとかやくが心細いような…。

ひき肉少なめ。ただの辛い麺!?

実食

実際に食べてみましたが…担々麺!?

一般的には担々麺はひき肉が入っているイメージですが、これにはほぼ皆無

「あー辛い!」と思わせる辛味のリアリティがあって、麺との絡みもよいのですが…。

もう少しお肉感があったほうが、こういう担々麺に近づくと思われます。

あとがき

ジャージャー麺は美味しかったのですが、こちらは中身を入れ方だけのメーカーが楽をした商品でしょうか。

間違いなく、ジャージャー麺を買ったほうが満足感があります。

ホームラン軒「汁なしジャージャー麺」が舌に絡みつく逸品。
インスタントカップ麺に珍しい「ホームラン軒 汁なしジャージャー麺」。 マイナーな会社が発売しているのかと思ったら、大手のテーブルマーク...
スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!