エースコックの「わかめラーメン」は昔と変わらない懐かしい味…。

一昔と変わらないパッケージのエースコック「わかめラーメン」。

小さい頃に、少パッケージのラーメンを食べていた人は多いのではないでしょうか。あの頃の味と変わっているのか食べてみました。

スポンサーリンク

シンプルなパッケージ

いくつかシリーズがあるらしく、大盛り1.5倍のを購入です。ちなみにローソンストア100で購入したので、108円。

縦長

1.5倍のため容器が縦長。

エースコックの1.5倍シリーズと同等の量なのでお得感があります。

表示

1食は100g。エネルギーは424キロカロリーです。

カルシウムたっぷりと書いてあり、210mgとのこと。ちなみに1日に必要なカルシウムの摂取量は600mgです。

シンプルなパッケージ

中身は、シンプル。

麺とかやく入り粉末スープ。たった2つだけです。

かやく

かやく&粉末スープを入れた写真。

麺とわかめとコーンと粉末しかないシンプル構造。

液体スープもなにもない、このつくりが逆に新鮮です。

昔と変わらない味が安心感満点

わかめスープ

見るからに昔のカップラーメンです。

醤油味とごま油が若干効いたスープ、そして(いい意味で)フニャッとした麺。

わかめが豊富で、しっかりと存在感を出しているあたりも、なにひとつ昔と変わっていません。どこか昔の同級生に会ったような懐かしさを感じさせます。

今の力の入ったカップラーメンもいいのですが、昔ながらの味もいいものです。

あとがき

変化を加えて、顧客を飽きさせない。それもひとつの商品戦略だと思います。

ただ、何も変えない、昔ながらの味を守ることもブランド価値の創造になります。エースコックさんには、ぜひとも「わかめラーメン」をそのままのカタチで「いつもいる身近な存在」にして欲しいですね。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!