プロントのモーニングがコスパGood! どの珈琲屋よりもボリューム・価格に魅力あり。

「朝にゆったりとモーニングをしたい」「でも安くあげたい」

そんなときにお勧めなのがチェーン系コーヒー屋のモーニングセット。特にプロントのモーニングはコストパフォーマンスが良いです。

スポンサーリンク

税込390円で納得のボリューム

プロントのモーニングは、トーストセットの390円からあります。

そのトーストセットの中身は4品。

  • トースト
  • サラダ
  • ゆで卵 or ヨーグルト
  • ドリンク(ホットコーヒー、アメリカンコーヒー、紅茶(カップ)、アイスコーヒー、アイスレモンティー)

ドリンクだけでも220円なので、フードは実質160円です。

なかなかこのボリュームは他店ではお目にかかれません。

同価格帯の他店と比べると

他店では「パンとゆで卵だけ」「パンだけ」というのが標準的です。

コメダ珈琲は420円。パン半分とゆで卵のみ。

モーニングが無料でついてくる、という人気サービスのコメダ珈琲。

でもモーニングの内容は、プロントと比べると実はかなり劣ります。ドリンクが420円で無料でつくのが、パン半分とゆで卵のみ。

サラダは別料金で200円、パンも半分だけ。しかも30円高いです。

ドトールコーヒーは390円。いっしょくたにしたサンドイッチ。

ドトールでもモーニングを行っており、モーニングの内容は幅広いです。

Aセットのハムタマゴサラダは、トーストにハムと玉子・レタス・トマトを挟んだもの。魅力のある構成ですが、ボリュームは少なそう。

カフェ・ド・クリエはほぼ同内容で460円。

カフェ・ド・クリエも行っているモーニング

パン、スクランブルエッグ、サラダとほぼ同内容なのですが、値段が460円と高め。

ベックスコーヒーは400円。ベーコン付くがサラダ少ない。

モーニングをおこなっているも、プロントの量と比べるとサラダがなく、レタスが1枚だけ。

プロントはフリーwifi付き

それぞれのコーヒー屋で、当然居心地というのも加味されると思います。

コメダ珈琲は雑誌が着きますし、ドトールは駅前にある立地の良さがあります。

プロントは夜はバータイムも行っているのでやや落ち着いた空間、気持ち的にもゆったりとできる環境の店舗が多めです。

また魅力的なのがフリーwifiパソコンを持ちこんでモーニングのときに利用する。そんな充実した時間も過ごせます。

あとがき

コーヒー屋のモーニングはコストパフォーマンスが高いです。

その中でもプロントは、価格・ボリューム・居心地がバランス取れています。モーニングの選択肢の一つに是非どうぞ。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告