サッポロ一番「タイカレーマッサマン味」の商品化はチャレンジャー。

コンビニのカップラーメンコーナーに陳列していたタイカレーマッサマン味

サッポロ一番と缶詰メーカーのいなばが協働して商品化したもの。パッケージもどことなく魅了してきます。

これは興味をとことん引き立てる、魅惑的なカップ麺だったので、つい買ってしまいました。

スポンサーリンク

サッポロ一番×いなばのコラボレーション

サッポロ一番

タイ語が施してあって、いかにもタイを醸し出すパッケージ

しかも、普通のカップ麺メーカーが作ったのではなく、いなばが共同開発しているのが全面に出ていることが、より完成度の高い商品だと想像させます。

タイ南部のカレー

タイのカレーと言えば、一般的に思いつくのはグリーンカレーです。

では、このマッサマンとは?という人が大多数ではないでしょうか。タイ旅行経験者でも、食べた人は少ないと思います。

パッケージには、

  • タイ南部のカレー
  • 世界一おいしいメニュー

との宣伝文句。

マッサマンの説明

チキンのうまみをベースにココナッツミルクのコク、独特のスパイスをきかせたのがマッサマン。

ただでさえマッサマンに知名度がないのに、+ごはんではなく、いきなりラーメンとして売り出すとは…B級グルメの心を刺激します。

裏面

ちなみに、こちらが裏面。

中身

中身は、すでに粉末スープもかやくも混ざった状態です。

あとはお湯を入れるだけ。

結構マイルドな味わい。日本人好みに仕上がっています。

完成

食べてみると、たしかにココナッツと香辛料が印象的なマッサマンの味

でも、結構マイルドで日本人に食べやすいヌードルという印象です。グリーンカレーが食べられる人なら、近しい味わいで楽しめると思います。

ただ本場を知っている人が食べると「ちょっと物足りない。もっと香辛料を入れて辛く」と思うかもです。

あとがき

日本にいるので日本人向けの味付けになるのは当然です。

個人的には、「世界一おいしいメニュー」と書くくらいなら、もっと現地よりの味付けのハマる人が多いのではと。

しかし、マッサマンをヌードルにしてしまった、そのチャレンジャー的な商品化には脱帽です。

※同シリーズの「トムヤムチキン味」の記事をアップしました

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告