絶妙な酸味がGood! サッポロ一番×いなばのコラボ「トムヤムチキン味」。

サッポロ一番といなばの缶詰がコラボレーションした「トムヤムチキン味」のカップヌードル

タイ料理で代表されるトムヤムの酸味と辛味を活かしたヌードルに期待して食べてみました。

ちなみに、トムヤンクン(エビ)ではなく、トムヤムチキン(鳥)なので間違えないように…。

スポンサーリンク

タイを感じさせるパッケージといなばコラボ

いなば

サッポロ一番といなばのコラボレーションを全面に出したカップヌードル。

酸味が特徴

トムヤムと言えば、タイの酸味と辛味が特徴のスープ。

説明書き

「チキンのうまみをベースにココナッツミルクのコクを合わせmレモングラスやカフィルライムをきかせました」とのこと。

ココナッツミルクが大丈夫でないと厳しいかもです。

いなばの缶詰

この缶詰の写真が、さらにコラボのリアリティが増しますね。

中身

カップの中身はこれ。

すでに粉末スープも混ぜられているパターンです。

うまい!辛すぎず、酸味が特徴的。

実食

見た目は普通のカップヌードルに見えますが、ココナッツミルクのまろやかさと酸味がきいたスープが美味しい!

思ったよりも辛味は少なく、酸味が優っている印象です。

チキン味ですが、チキンはほとんど感じられず、具のお肉だけが「おっ」と肉厚感を感じただけ。

タイ現地にも同様のカップヌードル(MAMAなど)がありますが、かなり近い味であり、かつ辛さを控えた日本人に受け入れられる味付けになっています。

さすが、いなばさん監修

あとがき

同シリーズのタイカレーマッサマン味を記事にしましたが、トムヤムチキンのほうが日本人にウケる商品。

ハマる人は、大量買をしそうな予感がしますね。特に女子に!

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!