雪の宿の「ミルクかりんとう」は、ほとんど雪の宿の味がしないよ…。

雪の宿と言えば、誰もが知る日本を代表とする煎餅。

そんな雪の宿から派生した、三幸製菓の「ミルクかりんとう」という商品が発売されていました。

「雪の宿のクリームがたっぷり」というのだから、これは試さないといけませんね。

スポンサーリンク

雪の宿をイメージさせる魅惑のパッケージ

雪の宿

これから夏に向かっていくのに、パッケージは雪だからけ。

ちょっとひんやりしたイメージを持たせて、いかにも涼し気な雰囲気を醸し出す。言わば、気持ちも涼しく慣れる夏向け商品です。

誰もが分かる「雪の宿」のマークを全面に押しつつ、さらにかりんとうという新ジャンルを不安に感じさせない、「北海道産生クリームたっぷり使用」という宣伝文句

かなり期待を寄せてしまいます。

やっぱり雪の宿のクリームがたくさん絡まっていると、パッケージの写真からも想像できるからです。

パッケージの裏面

こちらが裏面です。

上部に括っていて、空気がたっぷりです。見た目のボリューム感はあります。

ぜんぜん雪の宿の感じがないよ…

雪の宿かりんとう

見た目は、まさに雪の宿のクリームがふんだんにかかっています。

ワクワクしますね。実際に食べてみると…

むむむ!かりんとうの甘さが全面に出ている!全然雪の宿の味がしない!!!

これは頭を抱えてしまいました。せっかくの雪の宿のほんのりとした甘さが、ほぼかりんとうの強烈な甘さに負けてしまって味がしないのです。

普通のかりんとうでした…。

それでも気になる!て方は、アマゾンではなかなか評判なので購入してみてはいかがでしょうか?

あとがき

企画は魅力的なのですが、商品化が追い付いていなかったのでしょうか。

元々のかりんとうの甘さはおもいっきり控えて、雪の宿のほんのりとした甘さをメインにしたほうが、手にとった時のイメージとズレがないと思います。

モッタイナイ!

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!