クリスピーナジョイフル(チョコミント)は、実に美味しそうなパッケージ!?

夏の季節、ミント系のアイスクリームが増えてきますね。

今まで見たことのないミントチョコアイスがあり、「濃厚テイスト!爽快!」と書いてあったので気になってクリスピーナ・ジョイフル・チョコミントを食べてみました。

スポンサーリンク

実に楽しそうなパッケージとネーミング

楽しそうなパッケージ

チョコミント味ということもあって、爽快なライトブルーとお菓子につかいそうなフォント。パッケージが「美味しそう」と思わせるインパクトがあります。

そして、「クリスピーナ・ジョイフル」というネーミングセンスもグッド!どこかウキウキするような横文字にも惹かれてしまいます。

アイスの構成

アイスの構成は写真の通りです。

シュガーコーンにチョコミントアイスが入っており、上にはセミスイートチョコレートでコーティングされているとのこと。

セミスイートチョコレート!?聞きなれませんが、

粉乳が若干量配合されたチョコレート。ミルクチョコレートほど乳成分を含んでいないもの。

らしく、お菓子を自作する際に若干使い分けをするようです。

パッケージの裏面

森永乳業さんの製品で、ラクトアイス・エネルギーは237キロカロリーです。

ちなみに、まいばすけっとで79円(税込)で販売されています。

チョコのインパクトはあるものの、ミントの濃厚さはイマイチ。

チョコが印象的

印象的なのは、チョコレートのコーティング!

ミントアイスの色が全く見えないほど、ドバっと覆いかぶさっています。ちょっと重々しいくらい(笑

実際に食べてみると、たっぷりなチョコレートは満足感があるのですが、気になるのがミントアイスの味。

「濃厚テイスト!」とパッケージに記載があるのですが、正直そこまで濃厚ではないです。同様のチョコミントアイスを販売しているセブンイレブンのPB箱売り6本入りの方が、ぜんぜんミントの濃厚さがあり、スッキリとした爽快感があります。

また、シュガーコーンもサックリ感が少なく、どこか中途半端…。(販売店の保管状態にもよるとは思いますが)

美味しそうなパッケージとキャッチフレーズが強すぎて、必然的に期待感が高まったせいでしょうか、完食後の物足らない気持ちが残ってしまいます

あとがき

値段が安価なので多くのことを言えませんが、「濃厚テイスト!」だったら、もっと濃厚感が欲しかった。

パッケージは見るからに美味しそうですが、実際の商品が負けてしまっている気がしてモッタイナイ。

スポンサーリンク

▼ この記事で小さな発見ができたら、ぽちっとシェア!

広告